アイウィルセラムCに含まれるAPPSってどうすごい成分なの?!

アイウィルセラムCに含まれるAPPSってどうすごい成分なの?! 未分類

皆さん美容液ってちゃんと使ってますか?
化粧水と乳液でスキンケアを終わらせていませんか?

【アイウィルセラムC】という美容液がすごくお肌に良いということで、レビューサイトでも大変人気になっているんですね♪

アイウィルセラムCがどういうものかと言うと、ビタミンC誘導体である【APPS】と【コエンザイムQ10】が主成分として含まれていて、ビタミンCをお肌に取り込むための美容液。

ビタミンCってサプリとかで簡単に摂取出来る気がしますが、お肌にどんな働きを及ぼすんでしょうか?
今までなんとなくでしかわかってなかったところを、しっかり調べていきたいと思います!

アイウィルセラムCに含まれるAPPSとは?

アイウィルセラムCに含まれるAPPSとは
まずはアイウィルセラムCに含まれる【APPS】について。
APPSはアプレシエと言われ、改良されたビタミンC誘導体のことを指します。

ビタミンC誘導体には【水溶性ビタミンC誘導体】と【油溶性ビタミンC誘導体】の2種類があります。
これまで主に美容液などに使われていたのは、水溶性ビタミンC誘導体でした。

水溶性ビタミンC誘導体は即効性があり、すぐにお肌に馴染むことが最大の特徴でした。
しかしビタミンCは壊れやすく、肌の奥まで浸透しにくいことが弱点でした。

反対に油溶性ビタミンC誘導体は、即効性は無いもののしっかりと浸透する力を持っています。
ですが実用するような親和性がなかったため、使われることはありませんでした。
アイウィルセラムCに配合されているAPPS(アプレシエ)
今回アイウィルセラムCに配合されているAPPS(アプレシエ)は、その水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体のいいとこ取り!
両方の特徴を併せ持った、水にも油にも馴染みやすい両親媒性を持ったビタミンC誘導体なんだそうです!

だからビタミンCがお肌にすぐに浸透し、しっかりとお肌に届くのです。
お肌に馴染んだビタミンCが、お肌の奥までしっかりと浸透するんですね♪

アイウィルセラムCに含まれるビタミンCの働きとは?

ビタミンCの浸透のことばかり触れていましたが、そのビタミンCのお肌への働きって実際どうなのかあまり知らないですよね><

そんな【ビタミンC】のお肌への働きとは、どういったものなのでしょうか?

ビタミンCって聞き慣れすぎていて、そんなすごい効果があるような印象は正直ないですよね(笑)
でもビタミンCはすごい成分なんです!
アイウィルセラムCに含まれるビタミンCの働きとは
まずなんと言っても【美白】効果です!
そもそもシミができてしまう原因はアミノ酸の一種である【チロシン】が酸化してしまってメラニンになり、メラニンがシミを作るとされています。

ビタミンCには【抗酸化作用】があり、チロシンをメラニンに酸化させることを防ぐ効果があります!
また出来てしまったメラニンにも働き、色素を薄くしてシミを減らす効果があるとわかっています!

また抗酸化作用によって皮脂の酸化を抑えるので【ニキビ予防】にも効果的です。
抗酸化は肌の糖化を抑える効果があるので、糖化が原因で起こる【くすみ】や【たるみ】にも効果があるのです。

ビタミンCって万能すぎませんか?!
これからもアイウィルセラムCで効果的にビタミンCを肌に取り入れたいと思います♪
もちろん食事もビタミンCを意識して摂りましょうね!
アイウィルセラムC

コメント